HOME > 組織概要


公益社団法人鹿児島県薬剤師会ホームページへ、ようこそ!
本会は、明治42年の創立以来、100年を越える歴史を持ち、南北600km、県下全域で14地域薬剤師会、約1,900名の会員から構成されています。
会員は薬局をはじめ、病院・診療所、行政機関、研究機関、卸売業など多くの職種で活躍している薬剤師です。

本会では、日頃より県民のみなさまの健康・福祉の増進、ならびに学校保健、学校環境衛生の向上発展に寄与するなどの活動を行っております。また、本会試験センターは、後発医薬品を含めた医薬品の安心使用を図るための検査を行い、ほかにも水質や食品の残留農薬の検査など、食の安全にも寄与しています。

このホームページを通じて、薬局の検索など、分かりやすい情報提供に努めておりますので、皆様もご自宅の近くに、薬と健康のことなら「薬剤師に聞きもんそ!」と何でも相談できる「かかりつけ薬局」「かかりつけ薬剤師」を是非もっていただきたいと思います。
県民の皆様が健康な生活を営まれ、薬を正しく安全に使って頂くための一手段として、このホームページをご活用いただければ幸いです。
今後とも本会に対して皆様の一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。

2016-06-01

公益社団法人鹿児島県薬剤師会
会長 上野 泰弘


役員一覧

平成28年5月28日~

会 長:上野 泰弘(新任)

副会長:吉水 久純    西島  徹(新任)    福岡 龍一(新任)

専務理事:下田 健一(新任)

常務理事:岩倉ひろみ     阿久根憲造     小田原一弘
     沼田真由美     岩元 暢秀     宮之原麻里
     原﨑 大作     御手洗洋一     東郷 和彦
     佐多 照正     川畑 信浩     岸本  真(新任)

監 事:神門 修命    元島愛一郎    是枝 道治


認定制度

鹿児島県薬剤師会では独自の認定制度を設けており、薬剤師の職能向上などを目的に各種研修会の開催に努めております。

禁煙支援認定薬剤師
 薬剤師が禁煙運動の推進に資することを目的とする。
緩和医療研修認定薬剤師
 緩和医療について知識・技術を備えた薬剤師を養成することを目的とする
栄養療法研修認定薬剤師
 栄養療法について知識・技術を備えた薬剤師を養成することを目的とする


<その他指定薬局>
健康かごしま21推進薬局
 「健康かごしま21」を推進するために県民に健康づくりやそれに関する鹿児島県の施策について薬剤師が情報提供を行う薬局
女性のサポート薬局(鹿児島県指定)
 女性が抱える様々な健康問題に薬剤師が専門的知識を持って対応する薬局


公益社団法人鹿児島県薬剤師会


ご入会ご希望の方はこちら>>ご入会
所在地:〒890-8589 鹿児島県鹿児島市与次郎2丁目8番15号>>MAP
TEL:099(257)8288 FAX 099(254)6129
E-mail kayaku@kayaku.jp
詳細はこちらでご確認ください。>>LINK

鹿児島県薬剤師会薬局


所在地:〒890-0075 鹿児島市桜ヶ丘8丁目20番7号>>MAP
TEL:099(275)1112 FAX:099(275)2531
開局時間:月~金曜日 8:30~17:30
スタッフ紹介:薬局長 亀之園 学
       薬剤師 宮元 敬子
         他 薬剤師  2名
         他 事務職員 3名

*平成4年4月、医薬分業を円滑に推進するための基幹施設として国と県、県薬剤師会の三者による共同事業として設立されました。処方箋に基づく調剤、一般用医薬品販売のみならず薬剤師技能の向上のための薬局として以下のような業務をしています。
<主たる業務について>
・薬学生実務実習受入施設 6年制薬学生の薬局実務実習受入施設として新教育制度での後輩薬剤師の育成を行っています。 厚生労働省補助事業 新カリキュラム対応研修-実務研修生受入施設 4年制課程卒業生が卒後の実務においても修得し得なかったものや、自分に経験できない分野について、実際に実務に携わりながら指導します。
・薬剤師の卒後研修受入施設 未就業薬剤師(しばらく調剤業務を離れていた方、初めて調剤業務に携わる方等)や産休中などの女性薬剤師の調剤実務を指導し、バックアップします。
・保険調剤医薬品の備蓄センター 医薬品安定供給のために、分割販売業務を行っています。
・県民への健康支援(お薬相談教室) 県民を対象として、薬に関するセミナーや健康相談を行っています。
・注射無菌製剤処理の実務研修 安全キャビネットを用いた実地研修会を開催し、無菌調剤の手技に関する指導を行っています。

〔無菌調製実習研修会〕

 平成23年より継続している安全キャビネットを用いた無菌調製に関する実習です。主な内容は、薬局における基本的な業務事項を実習形式で2時間半となって おります。短時間に詰め込んだ慌ただしいスケジュールですが、少人数ですので気兼ねなく日頃の疑問や情報交換のできる研修会になるよう心がけています。

 【実習内容】
  ◆バイアルや注射器の取扱い基礎実習
  ◆混合手技実習(汚染飛散チェック含)
  ◆無菌室内での調製実習(ガウンテクニック等含)
 【参加資格】
  薬剤師(会員、非会員は問いません。)※白衣をご持参ください。
 【参加費】
  会員員5000円 非会員10000円(昼食つき) ※参加費は当日ご持参下さい。
 【場所】 
  鹿児島県薬剤師会薬局(鹿児島大学病院前・鹿児島市桜ケ丘8-20-7 TEL099-275-1112)>>MAP
  ※駐車場あります。

〔薬剤師会薬局実務実習〕

 「そろそろ仕事に復帰したいが不安」「他の業種で働いていたので薬局で研修をしてみたい」、また「調剤薬局に勤務しているが他の薬局でも研修してみたい」など、スキルアップの為の研修会を、会員・非会員問わずご要望に応じて開催しております。基本的に5日間のカリキュラムをご用意していますが、1日のみでも可能です。またご希望に応じて、長期の実習にも対応しますのでお気軽にご相談下さい。
 なお、事務職員の実務研修も可能です(賛助会員は無料)。ご希望の方は電話にてお申込み下さい。


【日時】平日(月曜日~金曜日)
【実習内容】
 <調剤の基礎>
  ■ピッキング・一包化、散薬調剤、粉砕、液剤の調剤と監査   ■保険調剤の流れの理解   ■規制医薬品の管理について
 <服薬指導の基礎>
  ■処方内容・薬歴から患者情報・処方意図を把握し、服薬指導の要点を推測   ■薬歴記載事項の理解
  ■処方せん監査、処方内容の妥当性の判断   ■使用上の説明が必要な吸入・注射の使用法を理解
 <服薬指導の実践>
  ■処方せん受付   ■患者から集める情報と伝える情報を予め把握する   ■服薬指導見学→ロールプレイ→服薬指導→薬歴作成
  ■服薬指導→薬歴作成   ■再来局患者に服薬指導   ■再来局・初来局患者に服薬指導
  ■ハイリスク薬指導加算、乳幼児服薬指導加算などの指導も含む
 <調剤の算定>
  ■算定要件の理解(薬剤師の技術評価)とレセプト作成から請求まで
  ■調剤録の記載事項と取扱い   ■保険請求の流れ、返戻、減点時の対応
 【参加資格】
  薬剤師(会員、非会員は問いません。)※白衣をご持参ください。
 【費用】
  会員1000円 非会員 2000円 (1日あたりの実習費用)
 【場所】 
  鹿児島県薬剤師会薬局(鹿児島大学病院前・鹿児島市桜ケ丘8-20-7 TEL099-275-1112)>>MAP
  ※駐車場あります。

〔鹿児島県薬剤師会薬局無菌室共同利用のご案内〕

 鹿児島県薬剤師会薬局では、多くの薬局薬剤師が医療用麻薬や輸液等を含む注射剤の無菌製剤処理を習得する研修設備として、また、注射剤の処方箋を応需した薬局薬剤師が実際に無菌製剤処理を行なえるよう共同利用が可能な無菌室を設置しております。
 共同利用には、鹿児島県薬剤師会主催の注射剤無菌製剤処理に係る研修会及び実習を受講後、受講者にお渡しする契約書にて事業所(薬局)と薬剤師会との契約が必要です。
 ※無菌室に入室できるのは所定の研修を終了された先生のみとなりますのでご了承下さい。
  契約完了後、下記の要領で薬剤師会薬局の無菌室をご利用いただけます。

予約~前日までに行うこと
その1.無菌室利用の予約
 ※必要なもの;特になし
  薬剤師会薬局の患者・他の薬局の先生とのバッティングを避けるために予約をお願いいたします。
  土日祝日を除く9:00~17:15に電話099-275-1112へご連絡下さい。
  また、無菌室使用もこの時間内でお願いいたしますが、どうしても難しい場合はご相談下さい。
その2.共同利用申込書の記入
 ※必要なもの;共同利用申込書
  必要事項をご記入の上、薬剤師会薬局へ利用開始までにFAXをお願いいたします。
  (FAX:099-275-2531)共同利用申込書は忘れずに当日ご持参下さい!!薬剤師会薬局で保管となります。
その3.無菌調剤記録簿の作成 
 ※必要なもの; 無菌調剤記録簿
  当日でも構いません。無菌製剤処理の際の手順や必要備品の確認のために作成が必要です。薬剤師会薬局保管となります。

予約当日に持参するもの
 ※必要なもの;

共同利用申込書 無菌調剤記録簿 処方せんの写し 無菌製剤処理で使用する物品
 基本的な器材は薬剤師会薬局に在庫しております。その他必要器材はお持ち込み下さい。
 注射薬に関して小分けが必要な際は別途ご相談下さい

調剤後の記録について
 先生方の薬局で薬剤師会薬局の情報の記録が必要となります。
 ◎薬袋への記載··························· 省略可
 ◎処方せん等への記載············ 必要→手書きしていただいても構いませんが、共同利用時に処方せんがあればこちらで座判(社判)を押します。
 ◎調剤録への記載····················· 無菌製剤処理を行った薬剤に関する事項も含め、当該処方箋が調剤済みとなるまでに行った全ての事項について記載が必要です。

お薬相談室のご案内【参加費:無料】

 鹿児島県薬剤師会薬局では「お薬相談室」と題して定期的に薬剤師によるお薬の話と、お薬に関する相談会を行っています。当日は時間を十分にもうけておりますので、気軽にゆっくりご相談いただけます、是非ご参加ください。
 また、当日ご希望の方には薬局内の見学も行っております。事前にご連絡ください。

実施メニュー:健康チェック(血糖値、HbA1c、骨密度、中性脂肪、コレステロールなど)、お薬相談など
<お問い合わせ・お申込先>
 〒890-0075 鹿児島市桜ケ丘8-20-7  電話 099-275-1112  FAX 099-275-2531


薬事情報センター


・医療用医薬品/一般用医薬品に関するご質問
・ドーピング防止活動に関するご質問 など承ります。
なお内容によっては受付できない場合もございますので予めご了承ください。

■対応時間
 月~金 9:00~12:00、13:00~17:00
  ※業務都合で不在にする場合もございます。

■お問合わせ先
 TEL:099(257)2515
 FAX:099(257)2516
 E-mail:kpa-di@po2.synapse.ne.jp

薬剤師会試験センター


公益社団法人鹿児島県薬剤師会試験センターは、各種検査を通じて、地域の皆様の安心と安全に貢献します。

所在地:〒890-8589 鹿児島市与次郎2丁目8番15号>>MAP
TEL:099(253)8935 FAX:099(255)2850
 営 業 日:月~金 8:30~17:30
 検査受付:月~木 8:30~15:00
詳しくは試験センター専用サイトにてご確認ください。>>専用サイト